浮気による離婚

浮気離婚での財産分与の対象財産と対象外財産とは

投稿日:2018年1月10日 更新日:

浮気による離婚を含めて、離婚する際には婚姻中に夫婦お互いによって築いた共有財産を分けることになります。

離婚原因が浮気のような場合には、お互い感情が沸騰してしまっている場合があるので、財産分与のような夫婦お互いによって決めるようなことで、お互いの意見がこじれてしまって思わぬ時間を浪費することがあります。

ではそもそも離婚する際の財産分与になる資産と、財産分与にならない資産とはどのようなものなのでしょうか?

浮気離婚で財産分与対象になる資産とは

浮気財産分与財産

浮気で離婚する場合には、旦那や妻にあらかじめ自分から離婚を切り出すことが分っているので、その前にどんな財産があるのか、あらかじめリストアップしておくといいです。

何も知らない状況で離婚を切り出して財産を調査すると、相手方に財産を隠される可能性があるので、離婚前に調べておくと良いです。

財産分与対象になる共用財産

  • 預貯金
  • 不動産
  • 株などの有価証券
  • 自家用車
  • 将来受け取る予定の退職金
  • 年金
  • 家具や家電

財産分与の対象になる財産は上記のようなものが一般的です。

財産分与と聞くと何となくプラスの財産を想像する人が多いかと思いますが、実際には婚姻期間中に夫婦で作ってしまった借金も分与対象になるということも理解しておきましょう。

浮気離婚で財産分与対象にならない資産

浮気離婚財産分与対象外財産

浮気離婚で財産分与の対象にならない資産は具体的には下記のようなものが対象になります。

財産分与対象にならない資産

  • 独身時代に貯めたお互いの貯金
  • 結婚する前に持っていた家具や家電
  • 相続によって得た財産
  • 個人的に使用する男女の区別があるもの
  • 独身時代に行った投資による配当等

財産分与の対象にならないのは基本的には独身時代からの資産や、その人単独で利用するものが対象になります。

具体的には個人のスマホや、洋服、男女の違いがあるアクセサリーなど、明らかに利用者が分るようなものは財産分与対象にならないです。

借金などの負債になる財産も考慮しよう!

借金財産分与

借金なども負債という財産になるので、財産分与の際にはしっかりと考慮する必要があります。

とは言っても全ての負債が財産分与の対象になるかというと、それは違うので誤解しないようにしましょう。

具体的に財産分与の対象になる負債と、対象にならない負債について下記にまとめました。

財産分与対象になる負債

  • 住宅ローン
  • 共用自動車のローン

財産分与対象にならない負債

  • 個人の浪費による借金
  • 個人のギャンブルによる借金

簡単に財産分与対象の負債と、対象外の負債を分けると上記のような感じになります。

基本的に夫婦共用で利用しているものローンや借金については財産分与の対象になり、個人的な借金については財産分与の対象にならないと考えてよいです。

つまり配偶者の浪費やギャンブル癖による借金で離婚する場合には、相手の負債の影響を受けずに離婚できるということです。

財産分与の財産の分け方とは?

財産分与方法

財産分与する場合に「単純に財産を半分にするの?」と思う人も多いかと思いますが、そんなに単純ではないです。

財産分与では財産の分け方には3つの方法に分類することができます。

それが「清算的財産分与」「扶養的財産分与」「慰謝料的財産分与」という方法になります。

ではそれぞれどのような特徴のあるわけ方なのでしょうか?

清算的財産分与とは

清算的財産分与は一般的に想像する財産分与の方法で、夫婦の財産を、それぞれ財産形成に貢献した割合によって分配するという方法です。

つまり夫婦間でどれだけお互いが財産形成に貢献したかということによって財産を分けるので、多くの場合で半分半分になると思います。

現代の一般的な家庭だと、旦那の方が収入を多く得ている場合が多いので、旦那の貢献は分りやすいですが、妻も家事などによって貢献していると考えることができます。

例外的にどちらかの職業が経営者やプロスポーツ選手などの場合で、自分の才覚によって大きな収入を得ているような特殊な事情がある場合には、そのケースによって考え方が変わってくる可能性があります。

しかし基本的には半分ずつに分けるというこの「清算的財産分与」が基準になります。

扶養的財産分与とは

扶養的財産分与は一般的な財産分与の形である清算的財産分与などでは一方が自立して生活するのに不足する場合に給付される財産分与になります。

具体的には、これまで専業主婦だったような場合だと、離婚してもすぐに仕事を見つけるのは難しいと場合もあるということで、扶養的財産分与が認められる場合があるようです。

具体的な財産分与方法としては「離婚成立から○年まで毎月○万円支払う」というような形で給付されるのが一般的なようです。

専業主婦が離婚する場合には、非常に貴重な収入源になると思うので、財産分与の際には「扶養的財産分与」を提案するようにするといいです。

慰謝料的財産分与とは

慰謝料的財産分与は離婚の原因になった方が慰謝料という意味合いをこめて給付する財産分与方法になります。

最近では浮気などによる離婚が多いので、浮気による離婚の場合に利用される場合が多いのではないかと思います。

芸能界で浮気で離婚する場合に「夫婦で話し合い慰謝料はなし」という報道が出たりしていますが、実際には財産分与の中に「慰謝料的財産分与」が入っているケースも少なくないのではないかと思います。

慰謝料的財産分与は浮気による慰謝料という形式を嫌がる人のために、慰謝料的財産分与という形で円満に解決を図る分配方法として現在は使われる場合が多いようですね。

まとめ

浮気財産分与まとめ

財産分与は離婚する場合には絶対に必要になってくる手続きですが、どの財産が自分のものになるかというのは離婚後の生活を左右するので非常にシビアです。

そうした中でどういった財産が分与対象になるのかを知っておくことは大事なことです。

また浮気による離婚の場合には「慰謝料的財産分与」などを考えても良いし、専業主婦なら「扶養的財産分与」も検討しても良いと思います。

財産分与で損をしないためにも、どのような財産分与方法があり、どういった財産が分与対象になるのかはしっかりと理解しておくといいです。

また浮気による離婚で、相手が「慰謝料を払わない」と意地を張っているなら「慰謝料的財産分与」で対応してしまうといいです。

名目上は慰謝料ではないですが、受け取るお金は慰謝料と変わりないので、状況によって「慰謝料的財産分与」は浮気離婚では便利な財産分与方法です。

ただ「慰謝料的財産分与」を認めさせるためにも、しっかりと浮気の証拠は必要になってくるので、探偵などを活用して浮気の証拠を掴みましょう。

-浮気による離婚

Copyright© 浮気・不倫の不安や悩みを解決するブログ 【探偵に無料相談】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.