夫の浮気や不倫

産後に旦那が浮気をする原因と予防対策方法

投稿日:2017年11月16日 更新日:

産後に旦那の浮気が発覚するというのは珍しいことではないかと思う人もいますが、実際にはそうでもないんですよね。

最近だと某政治家夫婦でもまったく同じことがあり、産後の妻がいるのに浮気が発覚して議員辞職してスキャンダルになった例もありましたよね。

そのため産後の時期に浮気をしてしまう旦那さんって意外と少なくないと思います。また妻の妊娠から出産までの時期も注意が必要です。

では妻が出産のために頑張っている時期に、どうして旦那は浮気をしてしまうのでしょうか?

産後に旦那が浮気をする原因

産後に旦那が浮気をする原因

産後に旦那が浮気をする原因はいくつかの複数要因が重なってしまい、それが原因になっている場合が多いです。

旦那の方でも妊娠中や産後の妻がいるのに浮気をするというのは最低なことだと分っていると思うのですが、それでも浮気をしてしまう原因があるということです。

産後の浮気予防の対策をするためにも、まずは原因を知っておきましょう。

産後に旦那が浮気をする原因一覧

  • 旦那よりも育児が優先になる
  • 妊娠による妻の精神的不安定によるストレス
  • 妻を女性として見ることができない
  • 妻の妊娠による禁欲生活の反動
  • 妻の里帰りによる開放感

旦那よりも育児が優先になる

妻は出産すると、どうしても旦那よりも子供優先の生活になってしまうので、旦那について昔よりも関心が薄れてしまうという妻が多いです。これは仕方のないことだと思います。

赤ちゃんが生まれると、授乳やオムツ替え、夜泣きなど非常に忙しい毎日になってしまうので、どうしても旦那との時間がなくなってしまい、夜の生活も自然と少なくなってしまいます。

そうなると旦那の方は家庭に居場所がないと感じるようになり、よその優しい女性に魅力を感じるようになってしまい、浮気をしてしまいます。

妊娠や出産による妻の精神的不安定によるストレス

育児が忙しい産後間もない時期は、妻の方は育児が思い通りにいかなくてイライラすることも多く、旦那に八つ当たりしてしまう人も多いです。

妊娠や出産で妻の精神が不安定になることは旦那も何となく理解はしているので、何とか受け止めようとしますが、そうした期間が長くなり、旦那の許容範囲を超えてしまうと気持ちが離れてしまう可能性があります。

そのような旦那と妻の関係がギクシャクしやすい時期に、浮気の誘惑があったら流されてしまう旦那もいるということです。

会社では仕事によるストレスがあり、家では妻から育児のストレスをぶつけられるという状況になると、旦那が他の女性のちょっとした優しさに惹かれてしまい、それが浮気に繋がる可能性があります。

妻を女性として見ることができない

産後の妻を女性として見ることができずに、母親としてしか見れなくなってしまうという旦那は少なくないです。

産後の育児は大変なので、旦那の目を気にせずに授乳したり、化粧をせずに外出したり、見た目がどんどんおざなりになっていく姿を見れば、妻を女としてみれなくなるというのは当然です。

育児が忙しいのは当然で、そのことによって見た目がおなざなりになるのは仕方ないですが、その事によって夫が妻に魅力を感じなくなるのも仕方がないことです。

妻を女性として見られなくなってしまえば、旦那の性欲は他の女性に向かってしまい浮気に繋がるということです。

妻の妊娠による禁欲生活の反動

妻が妊娠すると、妊娠中の性交渉によるリスクを考慮して、旦那と関係を持たないということは普通にありえることです。

専門家の間でも妊娠中に性交渉があってもいいという意見と、できればしない方がいいという意見もあるようで、感染症のリスクを考えて性交渉を控えているという夫婦も珍しくないです。

ただ旦那からすると妊娠してからずっと性交渉をすることができないというのはかなりしんどいことです。

また出産後も、育児が忙しくて性交渉することができないということも珍しくないです。

そういった状況で性欲に負けてしまい、ちょっとしたきっかけで他の女性と関係を持ってしまうということもあります。

妻の里帰りによる開放感

妻が出産のために里帰りするということは良くあることで、妻の側からすると、実家のサポートが常にある状態なら安心して出産することができるので悪い選択ではないと思います。

ただ旦那は仕事があるのでそのまま残って暮らすということになり、久々の一人暮らしにハメを外してしまうということも考えられます。

これまで妊娠中の精神的に不安定な妻を支えてきた苦労から一気に開放されることになり、その事によって浮気をしてしまうという可能性があります。

また、妻の妊娠中は禁欲生活を強いられていたので、妻の里帰りをきかっけにその間の性欲が爆発するということもあります。

旦那の産後浮気の予防方法とは

旦那の産後浮気の予防方法

旦那が産後に浮気をする原因は上記のようなものが代表的で、どの家庭でもありえないことではないです。

つまり、どの家庭でも旦那が産後に浮気をする可能性は否定できないということです。

しかし、産後浮気の原因がわかれば予防方法もいくつかあります。

旦那の産後浮気の予防方法一覧

  • 毎日の会話を大事にする
  • 産後浮気の情報を共有する
  • 旦那に女の顔を見せるようにする
  • 家事の負担を軽減する
  • 旦那とデートする時間を作る

毎日の会話を大事にする

産後には育児が最優先になるのは当然のことですが、だからといって旦那との会話をおざなりにする必要はないということです。

育児でイライラすることもあるかと思いますが、そのために家がギスギスするような状況では、旦那も仕事後に家に帰りたいとは思いません。

近年は男性も育児を手伝うという風潮になってきているので、旦那に育児への協力を求めながら、育児を共有し、自分がイライラするくらいまで追い詰められないようにすることも大事です。

旦那が家に帰ってきやすいような環境を整えておくことが大事です。ちょっとした会話でもお互いリラックスすることができるので、毎日の会話は大事にしましょう。

産後浮気の情報を共有する

あえて産後浮気について話題にして、情報を共有することで、産後浮気を抑止することができます。

産後浮気について話題にすることで、妻が産後浮気を意識していることを知らせることになるので、旦那としては浮気しにくくなります。

とは言っても、ストレートに産後浮気をしないようにプレッシャーをかけると、旦那側としては「何もしてないのに何で浮気を疑われるの?」と不信感を持たせる原因になるので、さりげなく話題に出しましょう。

最近では産後浮気が発覚した政治家夫婦などもいるので、冗談の中で産後浮気についての話題を振ってみるのもいいのではないでしょうか。

また産後浮気の話題の中で、お互い我慢していることは話し合うようにしようというようなルールを決めておくといいです。

旦那に女の顔を見せるようにする

旦那が妻を女として見れなくなるのは、妻の育児の姿に女を感じなくなるからです。

そのため育児をしている忙しい状況の中でも、常に夫を意識する女の姿をみせるようにするのが大事になってきます。

毎日化粧をバッチリして容姿に気をつけることまではしなくてもいいですが、たまには化粧をして女を見せる努力はしようということです。

育児が忙しくても女としての魅力を捨ててはダメだということです。母親になっても女であることは忘れずに、その魅力を自分から投げ打つことのないようにしましょう。

旦那に自分を女として意識させて、自分の魅力を再度思い知らせてやるといいと思います。

家事の負担を軽減する

育児と家事のストレスが溜まってしまうと、どうしても近くにいる旦那に八つ当たりしてしまうこともあるかと思います。

こういったことが続いてしまうと、旦那さんも精神的に参ってしまって、他の女性に癒しを求めてしまう可能性もあります。

そのためできるだけ育児や家事のストレスを溜めないことが大事になってきます。

最近だと家事代行サービスが充実してきているので、こういったサービスを利用しながら、息抜きできる機会を作るようにしてはどうでしょうか。

旦那とデートする時間を作る

育児や家事の負担が多くなると、毎日の時間が育児と家事だけに費やすようになってしまって、夫婦間でのコミュニケーションが不足するようになります。

コミュニケーションが不足するようになると、お互いの気持ちも離れてしまって、すれ違いが生じるようになってしまいます。

その結果、旦那が浮気をしてしまうということにつながります。

そのため忙しい家事や育児の合間に時間を作って、夫婦でデートするなどの時間を作ることが大事になります。

子供を預けたり、家事代行サービスを活用するなどして、たまには夫婦で楽しむ時間を大事にしましょう。

旦那の産後浮気が発覚した場合

旦那の産後浮気が発覚した場合

産後に旦那の浮気が発覚してしてしまった場合や、浮気の可能性があると感じた場合にはどうすればいいのでしょうか?

まずは、旦那の産後浮気が事実なのかを確認することが重要になってきます。もしかしたらこっちの勘違いだったという可能性もあります。

そのため旦那が浮気を自供しているような場合には、浮気相手を含めて詳しい話を聞き、浮気の可能性がある場合には浮気が事実なのかを徹底的に調べる必要があります。

現実問題として、子供がいる状況だとそんな簡単に離婚をするということは決められないので、浮気の状況などを自分なりに検討して、離婚をするか、復縁するのか決めることになります。

そのため浮気があった場合にはどのような状況で、どれくらいの期間なのかということを知る必要があります。

旦那の浮気調査をする際には、浮気調査に慣れたの探偵を雇うと調査が確実でスムーズです。探偵が得た浮気の証拠は法廷でも使えるので、万が一の場合に持っておくと役立ちます。

また旦那の産後浮気については、離婚するか復縁するかによっても対応方法は違ってきます。

復縁する場合

旦那の産後浮気では子供がいる状況になるので、復縁を考える妻も少なくないです。

ただ復縁するにしても、しっかりと浮気の事実は確認して、浮気相手と手を切らせることが重要になります。

その際に、相手の女性と話して解決すればいいですが、相手女性が浮気を認めないような状況だと、反省せずにまた浮気をする可能性があります。

そのためしっかりと旦那と手を切らせるためにも、浮気相手に浮気の慰謝料を請求することも考えるといいです。

慰謝料請求をして、誓約書で「今後旦那と会わない」というようなものを書かせることも検討してよいと思います。

ただ浮気相手から慰謝料を取るには、裁判でも通用する決定的な浮気の証拠を掴む必要があるので、探偵に調査を依頼するといいです。

離婚をする場合

子供がいる場合には旦那側が離婚に反対する可能性があり、場合によっては離婚裁判まで発展することがあるので厄介です。

しかし浮気の証拠を掴んでいれば、離婚事由の不貞行為を立証することができるのでスムーズに離婚することができます。

また離婚する場合には、子供を妻側で引き取ることが多いかと思うので、子供との生活を考えて、できるだけお金を得るような方策を考える必要があります。

そのためにも、しっかりと旦那や浮気相手から慰謝料を取ることが大事になります。

不貞行為を立証し、慰謝料請求するためにも、浮気の証拠を掴んでおくことは重要です。

こうして見ると、復縁する場合でも、離婚する場合でも浮気の証拠を掴んでおくことは重要です。

当サイトでは浮気調査におすすめの探偵事務所をランキング形式で載せているのでよかったら参考にしてください。

-夫の浮気や不倫

Copyright© 浮気・不倫の不安や悩みを解決するブログ 【探偵に無料相談】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.