浮気・不倫調査

財布から浮気調査して不倫を発見する方法

投稿日:2018年3月16日 更新日:

旦那や妻の浮気を疑っている場合に、普段の所持品や持ち物から調べるのは王道の方法です。

浮気や不倫をしている人はスマホなどに関してはロックをかけたり慎重に保管している人が多いですが、財布やカバン、服のポケットなどに関しては管理が甘い場合が意外と多いです。

浮気調査を最初にする場合には、スマホなどの警戒されやすい場所からではなく、油断している場所から順番に探していくといいと思います。

特に財布は一緒に住んでいると簡単に調べられるのでチェックしましょう。

財布から相手の不倫や浮気を調査する

浮気不倫調査

財布は不倫や浮気調査の際には是非ともチェックしておきたい場所のひとつです。

財布はスマホのようにロックをかけられるようなものではないので、相手がお風呂に入っていたり、寝ていたりしている時に短時間で調査できるおすすめの調査スポットです。

ただ調査後はバレないようにしっかりと元の場所にチェックしたものを戻すことを忘れないようにしましょう。

では財布からはどういったものを調査していくといいのでしょうか?

メンバーズカードなどのカード類を調査

カード類はまず最初にチェックしておきたい浮気調査ポイントです。

ポイントカードやメンバーズカードを見れば、旦那や妻が普段どのような場所に出入りしているのか見えてきます。

場合によっては分りやすくラブホテルのポイントカードが出てきたりします。

ただラブホテルのカードは一見すると何のカードがわからないように偽装されている場合も多いので、何のカードがわからないようなものはスマホで撮影しておいて、あとでネットのGoogle画像検索で調べてみるといいです。

他にも女性が好みそうな飲食店のカードがあったら、浮気相手と利用してる可能性があるのでチェックしておきましょう。

レシートが入ってないか調べよう

財布にレシートや領収書が入っている場合にはこれらもしっかりとチェックしておきましょう。

映画や遊園地などのイベントに関する半券などがあれば、誰か親しい人といったということが想像できます。

レシートでその当時、旦那や妻がいた場所や店、時間などがわかるので気になるレシートがあったらスマホで撮影して残しておくといいです。

後になって気になる浮気の可能性がある日が分った場合に、レシートによってどこで何をしていたのかわかることがあります。

レシートや領収書だけで浮気を判断するのは難しいですが、旦那や妻の行動を解明する材料にはなるのでチェックしましょう。

名刺入れも調べておこう

名刺が入っていたら名刺もしっかりとチェックしておくといいです。

仕事関係の名刺が多いかと思いますが、中にはキャバクラや風俗の名刺が入っていることもあります。

また、男性の中にはお気に入りの女性は名刺入れではなく、普段から簡単に取り出せるように財布に入れているケースも少なくないです。

名刺入れに入っている名刺のチェックをしつつ、それとは別に財布に入っている名刺があったら、スマホなどで撮影して情報を残しておくと後で調査しやすいです。

クレジットカードもチェック

クレジットカードの明細については家に届くので普段からチェックしている人も多いかと思います。

家計に関しては生活の死活問題になってくるので普段からしっかりとチェックしているので、明細を見れば何か怪しい支出があるとすぐに分ると思って調査が甘い人が多いです。

しかし、浮気に慣れている人は浮気用のクレジットカードを作っているケースは多いです。

また、こうした浮気用のクレジットカードは家に明細を届かないようにしていると思うので、家で明細をチェックしているだけでは支出が把握できてないケースがあります。

しかし財布を見ればクレジットカード自体は存在します。

もしも見覚えのないクレジットカードがあれば浮気用に利用している可能性があるのでチェックしておきましょう。

suicaやPasmoの利用履歴から浮気調査

スイカパスモ浮気調査

普通に財布から浮気調査をする場合には上記のようなことをチェックするのが通常ですが、意外と見落としがちなのがsuicaやPasmo等の定期券のチェックです。

普段から移動に電車を使っている場合には普通にsuicaやPasmoが入っているので特に気にせず調査をスルーする人が多いですが、suicaやPasmoも立派な調査対象です。

suicaやPasmoは利用履歴をチェックできる

suicaやPasmoって利用履歴をチェックすることができるということを知らない人は多いので、浮気調査では何もしない人が多いです。

都心や交通網が発達した地域だと、車よりも電車で移動した方が早いので普段から電車で移動している人も多く、車を持ってない人はsuicaやPasmoの移動情報は非常に貴重なものになります。

車だとGPSやドライブレコーダーによって履歴をチェックできますが、車を持ってないと移動情報はなかなか手に入らないので、suicaやPasmoの履歴はチェックしておくといいです。

suicaやPasmoの履歴チェックの方法とは

suicaやPasmoの利用履歴のチェック方法は簡単で、チェックするsuicaやPasmoを持って、駅の自動券売機などに差し込んで「履歴表示」という画面を開けば簡単に確認することができます。

また履歴の印字も可能なので手元に証拠として利用履歴を残すことができます。

ただ夫や妻が利用履歴をチェックしているような場合だと、自分以外の誰かが履歴をチェックしたことがバレる可能性があるということは知っておきましょう。

とは言っても普段からsuicaやPasmoの利用履歴をチェックしている人なんてほぼいないもでバレる可能性は限りなく小さいと思います。

それよりもこの方法の問題は、相手のsuicaやPasmoを持ち出さないとチェックできないということです。

では相手のsuicaやPasmoを持ち出せない場合はどうすればいいのでしょうか?

アプリでsuicaやPasmoの履歴チェック

相手のsuicaやPasmoを持ち出せない場合はスマホを利用して履歴をチェックするといいと思います。

アプリでは「SuicaReader」が利用しやすく、電車のICカードを読み取ることができるアプリになります。

アプリはインストールすれば利用することができるので非常に便利だと思います。

ただ対応してない機種もあるかと思うので、利用する場合には事前に利用可能か確認しておくといいと思います。

アプリが使えない場合はどうすればいいのでしょうか?

ICカードリーダーを使って履歴チェック

アプリでsuicaやPasmoを読み込めない場合にはICカードリーダーを利用するといいです。

別にスマホに拘らなくてもICカードが読み込めれば問題ないのでICカードリーダーを利用するのが一番無難な方法かもしれないですね。

具体的な商品を挙げるとソニーの「非接触ICカードリーダー PaSoRi(パソリ)」や「FeliCa」などが良く利用されています。

ソニーの商品なので安心感があるだけでなく、価格も4000円くらいなので購入してもいいのではないでしょうか。

suicaやPasmoの利用履歴から何がわかる?

パスモスイカ利用履歴不倫調査

suicaやPasmoの利用履歴を調べることで、会社で利用している駅とは違う場所を頻繁に利用していたり、特定の曜日だけある駅に頻繁に降りているなどの不自然な行動が見えてきたりします。

つまり、suicaやPasmoから浮気相手と会っている場所や曜日、時間などがある程度絞り込むことが可能になるということです。

suicaやPasmoから浮気をしているということを証明するのは難しいですが、相手の行動を把握して絞り込むことができるというのは大きなメリットです。

相手の行動を把握できれば、調査範囲も絞り込むことができるので、効率的に浮気調査を行うことができるようになります。

まとめ

財布浮気調査まとめ

財布の中身の情報から浮気調査をするというのは手軽にできる浮気調査の中でもかなり色々な情報を得られる調査方法です。

財布はスマホほどガードが堅くなくて、鍵をかけることができないものなので調査が簡単な割には得られる情報は多いです。

また、仮に財布の中に浮気に関する情報がなかったとしても、財布の中にあるsuicaやPasmoなどからも情報を得ることができます。

さすがに相手もsuicaやPasmoから情報を得るという発想はないので調査は難しくないと思います。

浮気調査を探偵に依頼する場合には、財布の中身やsuicaやPasmoの履歴情報は大きな手がかりになり、調査期間の短縮や費用節約にも繋がるので参考にしてください。

当サイトでは浮気調査に強い探偵事務所も載せているのでよかったらご覧ください。

-浮気・不倫調査

Copyright© 浮気・不倫の不安や悩みを解決するブログ 【探偵に無料相談】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.