夫の浮気や不倫

専業主婦は離婚後の生活をシミュレーションしよう

投稿日:2017年10月30日 更新日:

専業主婦が離婚を決意した場合にはやるべきことが沢山あります。

相手の浮気やなど、相手に非があるような状況で別れるというような場合には、慰謝料請求などを行うためにもしっかりとした浮気の証拠固めを行う必要があります。

他にも専業主婦が離婚を決めた場合にはお金のことを含めて色々なことを考えていく必要があります。

離婚後の生活をシミュレーションしよう

離婚後の生活をシミュレーション

専業主婦が離婚を自分から積極的に行う場合には、万全の準備を整えてから離婚を切り出すことが大事になってきます。

そのため浮気の証拠をそろえただけでは不足です。

浮気の証拠を集めたことによって、夫はもちろんですが、浮気相手からも慰謝料を請求することができるので、ある程度生活のにも余裕が出てきます。

しかし離婚後は別居することになるので、別居後の生活をしっかりとシミュレーションしておくことが大事になってきます。

これまで一緒に住んでいた夫婦が別れて生活するということになるので、どのような変化が生活に現れてくるので考えておく必要があります。

ある程度、離婚後の生活についてメドが立つような状況になってから本格的に離婚に動き出すといいです。

専業主婦の離婚で重要なのはお金の問題

専業主婦の離婚で重要なのはお金

専業主婦が離婚をする際に一番の問題になるのは離婚後の生活費にになります。

専業主婦の女性の場合は、働いていたとしてもパートくらいだと思うので、生活していくためにどのように費用を捻出するのか考える必要があります。

そのため離婚の際に、どれだけお金を手元に残せるかということが非常に重要になってきます。

そこで専業主婦が離婚前に考えておきたいお金の重要項目についてまとめました。

財産分与

離婚する際には結婚していた期間の夫婦の共有財産を清算する財産分与という手続きを行うことになります。

専業主婦の場合でも、夫が婚姻期間中に稼いでいたような場合にはかなりの額をもらうことができます。

もちろん夫の財産次第ですが、場合によっては数千万円獲得できることもありえるので、専業主婦が離婚する場合には非常に重要な項目になります。

ただ財産分与は把握してない財産については請求することができないので、離婚前にしっかりと夫の財産を全て把握しておく必要があります。

お金の問題が懸念される専業主婦の離婚では、財産分与の額は非常に重要なので、浮気調査とあわせて財産などもしっかりと調べておくといいです。

養育費を確実に受け取る

子供がいる場合だと、母親の方が親権を得るのに有利です。そのため養育費を得ることができるのですが、その際にしっかりと養育費を受け取る方法について考える必要があります。

養育費は離婚成立時の経済状況を元に話し合うことになるので、どの程度の金額になるのはか話し合いの結果次第です。

しかし近年は養育費をしっかりと子供が成人するまで受け取れるという保証はないのが現実です。最初の数ヶ月は払っていても、その後音信不通になって養育費を払ってくれないということもよくあります。

そのため養育費を受け取る権利を得たとしても、その養育費を確実に得るための方法を事前に考えておく必要があります。

そこで「離婚公正証書」で養育費の受け取りについて法的に認めてもらうということが大事になります。

「離婚公正証書」があれば養育費の不払いがあったら強制回収することができるので「養育費を払ってもらえない」ということで悩むことはなくなります。

離婚後の働き口を考える

離婚後は財産分与や養育費、浮気による慰謝料だけでは生活することはできないと思うので、しっかりと働き口を考えておく必要があります。

直近ですぐに離婚するような場合でも、離婚前にある程度、働き先について考えておくといいかと思います。

また離婚までに多少の期間を設けることが前提だとしたら、離婚前に働き口で困らないように資格取得などの準備をしておくといいかもしれないですね。

特にワードやエクセルなどのパソコンスキルは必須なので、事務系の資格を取得しておくといいかと思います。

専業主婦の就職はブランクがあるので簡単ではなく、そのためある程度準備をしておくと、離婚後に困らないかと思います。

最近だと子育て女性が活躍している仕事場もあったりするので、そういったシングルマザーに理解のある会社を選択するといいかもしれないですね。

離婚後の住居を考える

離婚後の住居を考える

離婚後に新しい住居をどうするのかということも大事になってきます。

離婚後の生活ではお金の問題も大事ですが、住む場所も重要な問題になってきます。

持ち家の場合だと、夫と自分とどっちが出て行くのかということも重要ですし、ローンはどちらが払っていくのかということも考える必要があります。

また別居して自分が出て行く場合には、どこに住居を確保するのかということを考える必要があります。

子供と実家に戻って生活するのか、あるいは賃貸で家を借りて生活するのかなど事前に住む場所の候補は考えて起きましょう。

子供の教育環境など色々な条件を考慮して選ぶことになるかと思うので、離婚後に住む場所に困らないようにするために、離婚前に住む場所も考えておきましょう。

離婚後の生活費は生活保護も検討する

離婚後の生活費は生活保護も検討する

離婚後の生活費について、夫の給料が少なく財産も無いような状況で、専業主婦ですぐにでも離婚が必要だという状況だと満足な準備ができない可能性があります。

そのためどうしても離婚後の生活費が工面できない状況になってしまった場合には生活保護を検討するのも一つの方法だと思います。

また生活保護以外にもシングルマザーを支援する手当てが都道府県や市区町村によって設けられている場合もあるので、一度は市役所などに相談してみるのもいいかと思います。

離婚を検討する場合には、できるだけ有利な条件で離婚することが非常に重要になってきます。

特に浮気による離婚の場合にはしっかりと夫と浮気相手に慰謝料を請求し、財産分与も強気に出て、得られるものはしっかりと手に入れるようにしましょう。

浮気による慰謝料の場合は、夫と浮気相手から請求するだけで数百万円は手に入るので離婚後の大きな生活費の足しになります。

当サイトではそんな浮気による離婚を検討している場合の証拠集めに強い探偵事務所を載せているのでよかったら参考にしてください。

-夫の浮気や不倫

Copyright© 浮気・不倫の不安や悩みを解決するブログ 【探偵に無料相談】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.