コラム記事

浮気による離婚で親権を勝ち取る方法とは

投稿日:2017年12月15日 更新日:

夫や妻の浮気によって離婚になる場合に最も大きな問題になるのが、子供の親権をどちらが獲得するかということです。

親権は非常に重要な問題で、夫と妻のどちらが親権を獲得するかによって、子供の将来はもちろんですが、夫婦の将来も大きく変わってきます。

実際に離婚調停や離婚裁判では、離婚するかどうかという根本的な問題と合わせて、親権問題によって争うことは多いです。

親権は離婚前に決める必要がある

浮気離婚前に親権を決める

浮気による離婚を考える場合に、単純に夫や妻が浮気をしているから離婚したいと考える人は多いですが、離婚するということで合意していても、親権争いで離婚調停や離婚裁判になることは珍しくないです。

親権は離婚後に夫婦でじっくりと話し合って決めるということはできず、離婚前に夫と妻のどちらが親権を得るのか決める必要があります。

これは子供が2つの環境で右往左往することがないようにするために、子供の負担を考慮した措置です。

離婚前に親権が決まらず、夫婦の別居した家を子供が行き来するのは、環境的に子供が混乱する要因になりますからね。

そのため子供がいる家庭の場合は、離婚調停や離婚裁判が長期化する可能性があります。

離婚裁判で親権得るためのポイントとは

離婚裁判で親権得るためのポイント

浮気による離婚を含めて、離婚する場合には事前に親権をどちらが取るのか決める必要があります。

しかし、最近はイクメンに代表されるように、育児に参加する夫も増えてきているという背景もあり、親権争いで話し合いでは合意できず、離婚裁判までもつれることも少なくないです。

親権について裁判所が重視するのは、子供が夫と妻のどちらの親元で育つのが「子供の利益なる」のかということです。

つまり親権については夫や妻のそれぞれの事情よりも「子供の立場」で親権が決まるということです。

では具体的に重視される親権獲得のポイントは何なのでしょうか?

誰が子育てをしているか?

裁判所が重視するのは、現在誰が子育てをしているかということです。

子供の事を考えると夫と妻のどちらが子供を育てる意欲や能力があるかということは非常に重要なことです。

そのため現在子育てをしている親であれば、子育て能力や意欲はあるとみなされる傾向があります。

こういったことが親権は「母親が有利」とされる理由になります。

子供の年齢は何歳なのか?

子供の年齢によっても親権のあり方は大きく変ってきます。

具体的には下記のようになります。

・離婚時に妊娠中の場合⇒親権は母親

・乳幼児の場合⇒ほぼ親権は母親

・子供が10歳以下の場合⇒ほぼ親権は母親

・子供が10歳以上15歳未満⇒子供の意見を参考

・子供が15歳以上の場合⇒子供の意見が尊重される

夫や妻の収入は親権に影響はあるのか?

夫や妻の収入親権

子供を育てるには収入が必要になるので、夫と妻それぞれ収入が求められるのではないかと思う人も多いと思います。

しかし、親権獲得については意外と収入は決定的な要因にはならないんですよね。

普通に考えると夫の方が収入がある場合が多いですが、実際に親権を獲得するのは母親である場合が多いです。

収入については、国からの補助や養育費などによってある程度賄われると考えられているので、夫と妻の収入の差によって親権が有利になるということはないようです。

夫側としては収入が大きな強みになるはずなのに、収入が親権では評価されにくいというのは大きな痛手だと思います。

浮気をしても親権は妻が有利

浮気妻親権

妻の浮気によって離婚することになったとしても、親権は浮気とは関係ないとみなされてしまい、結局は子育てをしている母親が有利になります。

夫側としては「妻の浮気によって離婚するのに親権を取られるのは納得できない」と考える人は多いと思います。

浮気をしていたとしても、離婚前に子育てを問題なく行っていた母親の場合はほぼ問題なく親権を獲得することができます。

父親の場合は、離婚前までしっかりと子育てに積極的に参加していたとしても子供の親権を獲得するのはかなり困難です。

では父親が親権を獲得するためにはどうすればいいのでしょうか?

浮気をした妻に親権を渡さない方法はあるのか?

浮気をした妻に親権を渡さない方法

浮気をしたとしても親権についてはどうしても母親が有利になってしまいます。

男女平等とは言っていてもこういったところは平等ではないんですよね。

夫としては浮気をした妻に子供の親権をとられて、さらに養育費まで払うことになるというのはかなり精神的に参ると思います。

では夫側が親権を獲得できるとしたらどのような場合なのでしょうか?

夫が親権獲得できるケース

  • 妻が子供を虐待していた場合
  • 妻が育児放棄していた場合
  • 妻が病期などで育児をできない場合
  • 子供が父親に付いて行くと意思表示した場合

上記のような場合には夫が親権を獲得することができます。

妻が浮気をしていて育児放棄しているようなケースだと夫が親権を獲得できる可能性があります。

離婚裁判で親権を得るには上記のようなことを証明する必要があり、それを証明することは簡単なことではないです。

裁判では単純に主張しただけでは認められなくて、しっかりとした客観的にも分るような証拠を提示する必要があります。

探偵に相談して親権獲得の証拠を集めよう

探偵相談親権獲得

妻の浮気による離婚を考えている場合には、妻の浮気の証拠を掴むために探偵などに浮気調査を依頼することは重要です。

それと合わせて親権を獲得したいと考えているなら妻の素行調査なども合わせて、親権獲得に有利になるような証拠を集めることも重要になります。

親権獲得については弁護士に相談するのが普通だと思っている人も多いですが、弁護士はあくまでも法律的な解釈によってアドバイスをしてくれるだけで、親権獲得の証拠集めをしてくれるわけではないです。

弁護士は有利な証拠を得ることで力を発揮できるので、事前にどれだけこちらに有利な証拠を集められるかということが重要になります。

探偵は調停や裁判になった際に、こちらに有利になる証拠を集めるのが仕事なので、浮気による慰謝料だけでなく子供の親権についても相談してはどうでしょうか。

当サイトでは浮気調査や素行調査など離婚時に有利になるような証拠を集めるのに長けている探偵事務所をいくつか紹介しているのでよかったら参考にしてください。

-コラム記事

Copyright© 浮気・不倫の不安や悩みを解決するブログ 【探偵に無料相談】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.