浮気・不倫調査

浮気調査での弁護士と探偵の役割の違いとは

投稿日:2017年9月9日 更新日:

浮気調査は探偵に依頼しますが、探偵によって浮気の証拠を掴んだとしても、その後、その証拠をどのように活用するかというのは探偵の仕事ではなく弁護士の仕事になります。

では浮気調査を行う場合に、探偵と弁護士はそれぞれどのような役割を果たすことになるのでしょうか?

浮気調査での探偵と弁護士の役割の違い

浮気調査での探偵と弁護士

夫や妻が浮気をしているかどうかを探りたい場合に、離婚訴訟と直結して考える人が多いので、調査を探偵ではなく弁護士に相談する人は結構多いです。

しかし弁護士は証拠を踏まえて法的に浮気問題を解決するのが仕事であって、浮気調査を行うのは弁護士の仕事ではないです。

調査を行うのは探偵で、その後、探偵が集めた証拠を使って法的に浮気問題を解決するのが弁護士の仕事になります。

そのため弁護士と探偵って意外と関係が深いんですよね。

実際に弁護士事務所と提携している探偵事務所って結構多いです。

弁護士事務所は訴訟に勝つための証拠集めのために探偵が必要ですし、探偵事務所は法的に認められる証拠がどのようなものかというアドバイスを弁護士から受けます。

そのため、離婚前提で考えると、まずは探偵事務所に浮気調査を依頼して、証拠が集まったら弁護士に訴訟の手続きをお願いするという感じになります。

弁護士だけに浮気問題を相談しても解決しない

弁護士浮気問題

弁護士に妻や夫の浮気を相談することは間違ってはないように思いますが、単純に「相手が浮気しているようだ」と相談しても、弁護士だけでは浮気を解決する力はないです。

弁護士に相談すれば何とかしてもらえると思う人も結構多いですが、弁護士には浮気の証拠を探す能力はないです。

弁護士はあくまでも法律の専門家なので、浮気の証拠があり、離婚するという気持ちがある場合に、慰謝料獲得や親権を得るための法廷の場で力を発揮してくれます。

弁護士に浮気の相談をしても、証拠が無ければ裁判になっても勝訴することが難しいので、親身になって話を聞いてくれない可能性があります。

そのため浮気問題では弁護士の役割についてしっかりと知っておく必要があります。

ただ弁護士事務所によっては浮気調査を受けて、そのまま調査してくれるところがあります。

浮気調査を弁護士に依頼するメリットとデメリット

弁護士浮気調査依頼メリットデメリット

弁護士は基本的に法律相談が主な仕事なので、浮気調査などの仕事をメインに行っているわけではないです。

しかし弁護士事務所によっては浮気調査に対応してくれるところがあります。

浮気調査を弁護士に依頼するメリット

浮気調査を弁護士に依頼すると、調査後にそのままの流れで弁護士が離婚訴訟などを担当してくれるので、訴訟から離婚までの流れが分りやすいです。

調査依頼の結果に基づいて、依頼者の利益をしっかりと考えて対応してくれるので浮気訴訟から離婚まで強い味方です。

示談交渉の際にも弁護士が必要になってくるので、離婚前提なら手続きがスムーズに行えるというメリットがあります。

浮気調査を弁護士に依頼するデメリット

弁護士に浮気調査を依頼したとしても、弁護士自身が浮気調査を行うわけではないです。

そもそも浮気調査などの調査業務は探偵の仕事なので、弁護士事務所では扱ってないのが普通です。

そのため弁護士事務所が浮気調査の依頼を受けたとしても、結局調査するのは探偵です。つまり弁護士の方で探偵を紹介して調査してもらうということです。

しかし弁護士は探偵を紹介することによって紹介料などのマージンを受け取るので、トータルの調査費用は、通常探偵に依頼する場合よりも高額になります。

それなら最初から探偵に浮気調査を依頼した方が費用が安くて、デメリットもないということになります。

浮気調査後の弁護士の役割

浮気調査後の弁護士の役割

弁護士の仕事とは、さまざまなトラブルを法律によって解決へと導くことです。

弁護士の側から見るならば、さまざまなトラブルを依頼者が有利に解決できるように導く、と言えるでしょう。

法律はそのための指針であり、武器となってくれます。浮気調査後の離婚と慰謝料の問題は、依頼者がより有利な条件で離婚し、より高額の慰謝料をとれるようにすすめるのが弁護士が行ってくれる役割です。

収集された情報や証拠品を法と照らし合わせながら、どれだけ相手が依頼者を裏切ったか、どれだけ依頼者が傷ついたかなどを立証し、手際よくこちらのペースで進めていってくれます。

すでに証拠を掴んでいて弁護士に依頼している場合は、実際の争いを開始する前には勝負がついていると言えるほど、弁護士は強力な味方となってくれます。

浮気による離婚訴訟で弁護士に依頼しないとどうなる?

浮気離婚訴訟弁護士

探偵に浮気調査を依頼して、浮気を証拠を掴んでしまえば、弁護士に依頼しなくても慰謝料や親権を取れるのではないかと思う人がいます。

しかし、もし当事者間だけで話を進めた場合、感情的になってしまい、行ってはいけないことや、言ってはいけないことを実行してしまい、有利な展開に持ち込めなくなる原因を作ってしまう可能性があります。

また依頼者が単独で離婚を切り出した場合、もし相手側に原因があった場合でも、相手が弁護士を立ててくると不利になってしまう可能性も出てきてしまいます。

もし法律に関して弁護士に勝てる自信があるならそれほど問題にないかもしれませんが、そうでない場合は相手側の戦略が巧妙になり、法律の盲点を突くなどして逆に自身が有責とされてしまう場合もあります。

そうなってしまうと、離婚や慰謝料の交渉も完全に不利になってしまいます。

当初は、自分が配偶者の浮気に傷つき離婚を切り出したのに、慰謝料をとることができず、逆に払うことになってしまったら辛くて仕方ありません。

すべては自分の感情に任して話を進めた結果が招いたことです。法律と感情は別物ですので気をつけましょう

「弁護士費用が不安」という人もいますが、弁護士に依頼すれば、より多くの慰謝料を得られる可能性があるので、慰謝料で十分に弁護士費用を賄うことはできます。

では裁判ではなく示談交渉の段階で探偵に交渉をお願いすることはできないのでしょうか?

探偵は示談交渉を行うことはできない

探偵示談交渉

離婚訴訟になってしまったら弁護士に依頼しないと法廷で慰謝料や親権を取ることができないということを知っている人は多いと思います。

しかし示談交渉の場合なら、証拠集めをした探偵事務所に交渉をお願いできるのではないかと思っている人も少なくないです。

たしかに示談交渉なら探偵などの一般人でもできそうな感じがしますが、どうなのでしょうか?

結論から言ってしまうと、探偵が「示談交渉」を行ってしまうと法律違反になってしまうのでトラブルの原因になります。

示談交渉に行って、相手は弁護士をしっかりと用意している状況で、こちらが探偵を連れて行ってしまったら、相手弁護士から法律違反を指摘されて、示談交渉が不利になる可能性があります。

浮気問題については弁護士と探偵はセットだと思っておいた方がいいと思います。

探偵の浮気調査後に弁護士を紹介してもらおう

浮気調査後探偵弁護士

浮気調査終了後は、探偵事務所のケアを参考にし、もし離婚や慰謝料請求を考えているようなら、それを強みとしている弁護士を紹介してもらうことをお勧めします

探偵から弁護士を紹介してもらう場合には、紹介料無料ということがほとんどなので、費用面でのデメリットもなくお得です。

大手の探偵事務所の場合なら弁護士事務所と提携していることが多く、浮気訴訟に強い弁護士事務所を紹介してもらえるのでメリットが大きいです。

また、離婚を考えてない場合には探偵事務所で夫婦カウンセラーの資格を持つ人が関係修復に動いてくれるのでアフターサポートも万全です。

そのため夫や妻が浮気をしているのではないかと不安に思っているなら、まずは探偵事務所で浮気調査をしてもらって、それから探偵事務所と相談して、関係修復するのか離婚するのか判断するといいです。

そして離婚する場合には探偵事務所から弁護士を紹介してもらって、示談交渉や訴訟に対応してもらうといいです。

-浮気・不倫調査

Copyright© 浮気・不倫の不安や悩みを解決するブログ 【探偵に無料相談】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.