浮気・不倫の証拠

浮気調査におすすめのICレコーダーの使い方と設置場所

投稿日:2017年10月3日 更新日:

浮気調査にICレコーダーを使用しようと思っている人は多く、実際に証拠になる音声を録音できるICレコーダーは便利です。

自分で浮気調査を行う場合には、どうしても写真などの画像に頼った証拠集めをしがちですが、それでなかなか浮気の証拠が集まらないと感じているならICレコーダーを利用した聴覚に訴える「音声」による証拠を集めのも一つの方法だと思います。

そもそもICレコーダーによる音声は浮気の証拠として決定的なものになりえるのでしょうか?

ICレコーダーの音声は浮気の証拠になるのか?

ICレコーダーの音声は浮気の証拠

ICレコーダーは音声としてしっかりと証拠を録音できるので、浮気相手との会話や音声が録音することができたら、浮気の証拠として強いのではないかと思う人も多いです。

結論から言ってしまうとICレコーダーの音声だけでは決定的な証拠としては不足です。

「好きだ」「愛している」「結婚しよう」などの音声のやり取りがあったとしても、それが肉体関係を証明しているわけではないからです。

法的には肉体関係がないと浮気とは認められないので、言葉のやり取りだけでは浮気の証拠として弱いんですよね。

それなら行為の最中の音声を録音すればいいのでは?と思う人もいますが、その音声が夫と浮気相手であるという証拠が必要になります。

そもそも「自分の音声ではない」と否定されてしまう可能性がありますからね。

あくまでも他の証拠を補強するような証拠として利用できるという効果だと思っておくといいです。

浮気の自白を録音したICレコーダーは証拠になる?

浮気の自白を録音したICレコーダー

浮気の自白を録音したICレコーダーなら証拠として強いのではないかと思う人も多いと思います。

実際にその音声がしっかりと裁判所に通れば、浮気の証拠として認められて慰謝料請求を行うことができる可能性が高いです。

ただ問い詰めて浮気を自白させて、その証拠を録音したとしても「脅されてデタラメを言った」などと証言を否定されてしまう可能性もあります。

そのため浮気を自白したICレコーダーを手に入れたとしても、それだけで安心せずに、証言を翻せないような証拠固めをしていくことも大事になってきます。

浮気を自白したなら、相手に浮気の証拠を提出させてこちらに有利になるような証拠をどんどん集めていくといいです。

音声はあくまでも証拠の補強のためのものだと思っておくといいです。

録音音声では浮気相手に慰謝料請求は難しい

録音音声では浮気相手に慰謝料請求

浮気の自白では夫や妻からは慰謝料を請求することができるかもしれないですが、浮気相手から慰謝料を取るのは難しいと思います。

浮気相手に慰謝料を請求するためには、そもそも浮気相手の名前や住所が分っていることも必要ですが、浮気の証拠の録音音声が自分のものだと認めさせる必要があります。

しかし、普通に考えて録音音声くらいで浮気相手が簡単に浮気を自白するとは思えません。

録音音声だけで浮気を認めるように迫ると「自分の声ではない」などと否定されるだけでなく、名誉毀損と非難される可能性があります。

また裁判でも夫の自白の録音音声が証拠の場合だと、証拠として弱く、裁判で慰謝料を請求するのは難しいです。

浮気相手から慰謝料を請求するためには、画像などの決定的な証拠を集める必要があります。

浮気調査におすすめのICレコーダーとは

浮気調査におすすめのICレコーダー

浮気調査でICレコーダーを利用する場合には、ある程度品質の高いものを利用することが最低条件になります。

特に音質バッテリー容量大きさなどは非常に重要な要素になります。

特に浮気調査にICレコーダーを利用する場合には、車などに設置することもあるので、振動やエンジン音などのノイズをカットできるような機能があることが大事になってきます。

またバッテリーや録音時間の量もしっかりとチェックしておくことが大事です。基本的に内蔵メモリだけでは不足なので、外付けメモリを利用できるものを使った方がいいです。

大きさは設置場所にも寄りますが、できるだけ小さい方が使いやすいと思います。

ただあまり小さいとバッテリーや録音時間も短くなるので、バランスを考えることが大事です。

バッテリー節約や効率的な証拠集めのためにも「タイマー録音」や「音声起動録音」などの機能があるICレコーダーを利用するのがおすすめです。

ICレコーダーのおすすめの設置場所とは

ICレコーダーのおすすめの設置場所

浮気調査でICレコーダーを設置する場合に、どこに設置したら効果的なのかわからないと悩む人は少なくないです。

基本的には浮気の証拠音声が取れそうなところに設置するのが当たり前なのですが、具体的にどういった場所が候補になるのか紹介しようと思います。

夫や妻が自動車を使っているなら自動車に設置

夫や妻が普段から自動車をメインの移動手段にしているような場合には、その車にICレコーダーを設置しておくといいと思います。

自動車にICレコーダーを設置する場合には、長時間録音が出きるICレコーダーを用意して座席の脇などの見つかりにくい場所に設置することになります。

また自動車の場合ならICレコーダーと一緒に、GPS端末を利用して所在地を把握するという方法も考えられます。

自動車が盗難された場合のために警備会社が販売しているGPS端末などがあるので、ICレコーダーと一緒にGPSも設置して置くといいかもしれないです。

浮気調査のためのGPSの選び方と購入やレンタル方法

家の中にもICレコーダーを設置

家の中でもICレコーダーの設置を考えるようにするといいです。

特に普段から夫や妻が隠れて電話している部屋などがあるようなら、そのような部屋にICレコーダーを設置すると効果的です。

また夫婦の会話の中で、夫や妻が浮気を認めるような発言をした場合には、それが証拠になるので、あらかじめ家にICレコーダーを用意しておくことは必須です。

ただあまり強い口調で問い詰めて浮気を認めさせると、夫や妻を脅して浮気を認めさせたと思われてしまうので注意が必要です。

ICレコーダーは家用と車用の最低でも2つくらいは用意しておくといいかもしれないですね。

浮気の証拠はICレコーダーの音声だけでは不足

浮気の証拠はICレコーダーの音声だけでは不足

夫や妻の浮気を確認するだけならICレコーダーによる浮気調査は効果的だと思いますが、離婚調停ではICレコーダーの音声では証拠として弱いということは知っておきましょう。

実際に離婚調停や裁判になった際には、ICレコーダーの音声は決定的な証拠にはならないんですよね。

決定的な証拠になるのは、ラブホテルに出入りしている写真などの、誰が見ても浮気だと分るような証拠です。

音声だけだと、それが誰の音声なのか客観的にわからないので証拠としては不十分で、証拠が音声だけだと慰謝料請求が失敗する可能性があります。

そのため離婚調停や裁判によって慰謝料請求を考えているなら、探偵に依頼して決定的な浮気の証拠を掴んでもらう必要があります。

探偵料金が不安という人もいますが、慰謝料請求するなら十分に賄える額なので心配はないです。

当サイトでは届出を行っている正規のおすすめ探偵事務所をいくつか載せているのでよかったら参考にしてください。

-浮気・不倫の証拠

Copyright© 浮気・不倫の不安や悩みを解決するブログ 【探偵に無料相談】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.