浮気・不倫調査

浮気調査は違法にならないのか?

投稿日:2017年9月12日 更新日:

浮気調査を自分で行うにしても探偵事務所に依頼するにしても、どこまでが合法でどこからが違法になるのでしょうか?

浮気調査で相手のプライベートを調べるというのは、客観的に考えるとプライバシーの侵害になるのではないかと考える人もいると思います。

確かに浮気調査ではターゲットの行動を監視して証拠を押さえることが必要なので、違法にならないのか心配になるのは当然です。

実際に相手の浮気で離婚裁判が行われた場合、探偵に集めてもらった証拠が違法ということになって、採用されなかったら調査依頼した意味がないですからね。

自分で浮気調査すると違法になる可能性がある

自分で浮気調査すると違法

浮気調査を行う場合に、探偵事務所に依頼した方が確実なのはわかっているけど、費用が心配なので自分で調査しようと思う人も多いのではないでしょうか?

最近だとスマホのメール履歴パソコンの履歴を調べれば浮気の痕跡を意外と簡単に発見できるので、夫婦間で浮気調査をする際にはこういった所から手を出すのが普通だと思います。

しかし浮気をしているような人ならロック機能をかけているのが普通なので簡単に見ることはできないです。

そのため指紋認証なら相手が寝ている隙に指紋認証しようとしたり、パスワードなら解析ソフトを利用したりして、無理にロックを解除しようとする人も多いです。

ただこういったことはプライバシーの侵害になってしまい、そんな不法行為で得られた証拠は裁判で採用されないので、離婚訴訟で負ける可能性があります。

相手の浮気を問い詰めるだけの材料なら、スマホや携帯のロック解除による浮気の証拠は大きな問題にならないかもしれないですが、それが離婚訴訟で有効ということはないので誤解しないようしましょう。

特に一番やりがちなスマホや携帯の強引なロック解除は違法なので注意しましょう。

自分で浮気調査すると訴えられる可能性がある

自分で浮気調査すると訴えられる

浮気調査をすることは、浮気された配偶者の権利として認められていますが、夫婦であっても何をしても許されるわけではありません。

上記のようにスマホや携帯のロックを勝手に解析してパスを外したり、相手のスマホに勝手に調査アプリを仕込んだりして浮気の証拠を集めたりしたら明らかに違法です。

束縛が強い人はこういったことを普通にやってしまっている事があるようですが、度が過ぎると危険です。

こういった方法で得た証拠を離婚訴訟で提出すると、浮気をした配偶者や浮気相手から逆に訴えられる可能性があるので注意が必要です。

まあ、こういった証拠があっても、弁護士に裁判をお願いすると違法に得た証拠が逆効果なのは知っていると思うので、証拠提出を止められると思います。

素人が下手に浮気調査を行うと逆効果になる可能性があるので止めておきましょう。

探偵事務所が行う浮気調査は合法なのか?

探偵事務所が行う浮気調査は合法

自分で浮気調査をすると違法になる可能性があるということはわかりましたが、それなら探偵事務所への浮気調査依頼は合法なのでしょうか?

日本には”探偵業法”という法律があります

探偵事務所は探偵業法という法律に基づいて調査を行うので違法性はありません。浮気調査のために探偵を雇うことは合法です。

浮気は配偶者の権利の侵害である行為なので、違法行為になります。そして配偶者の不貞を立証するためには、第三者でもわかるような確実な証拠が必要です。

つまり、浮気調査は違法行為立証のために行うものなので、正当な行為なのです。そのため探偵事務所に浮気調査を依頼しても罪に問われることなどはありません。

また、証拠写真を撮影してもプライバシーや肖像権の侵害になることはありません。

探偵事務所は法律に定められた探偵業法に基づいて調査を行っているので、その調査によって得られた証拠は離婚調停などでも採用されるということなんですよね。

浮気相手の個人情報を探偵に調べてもらうのは違法?

浮気相手の個人情報

浮気調査を探偵にお願いすることは上記で記載したように、探偵業法という法律で定められているので違法にはならないです。

そのため浮気の証拠として撮影した写真なども肖像権やプライバシーの侵害にはならないです。

しかし浮気相手の住所や仕事先などの個人情報を調べることはどうなのでしょうか?

浮気で離婚訴訟を検討している人の多くは、夫の浮気の証拠を掴むだけでなく、浮気相手に慰謝料を請求するために、浮気相手の住所や勤め先などの情報も探偵に頼んで調べてもらうことが多いです。

浮気相手の個人情報を勝手に調べるのは違法にはならないのでしょうか

探偵業法には浮気調査目的以外で相手の個人情報を調べてはいけないというような記載があるので、浮気調査によって浮気相手の情報を調べるのは違法にはならないです。

ただ浮気調査で得た個人情報を浮気調査以外で公表するのは違法なので、取扱いには注意が必要です。

探偵による違法調査はどのような場合?

探偵違法調査

探偵事務所に依頼すれば、浮気調査で何をやってもいいというわけではなくしっかりとした制限があります。

探偵業法で認められていない違法行為を行った場合は、調査員でも罪になります

たとえば、GPSを対象者の車、浮気相手の車などにつけて移動先や居場所などを調べることは法律違反になります。

ただGPSについては夫婦共有財産の自家用車などにしかけるのはプライバシーの侵害にはならないので例外もあるようです。

調査員は車の所有者ではないので器物破損罪、ストーカー規制法違反、プライバシーの侵害などの罪で問われる可能性があります。

また、オートロックのマンションに侵入して浮気相手の部屋番号などを調べることは住居侵入罪に当たります。

さらに、電話の盗聴も、通信の秘密が憲法で保障されているので違法になります。

探偵事務所の調査員たちはその道のプロですので、自分たちができることと、できないことを知ったうえで浮気調査をしています。

そのためプロの探偵が違法調査で法律違反を犯すことはほとんどないです。

基本的に大手の探偵事務所に依頼する場合には、こういった浮気調査には慣れているので、違法調査を行う心配はしなくていいです。

探偵だから浮気調査が合法的に認められている

探偵調査合法

探偵や探偵業法という法律によって、浮気調査などの調査業務が認められているので、一般の人が勝手に調査するのとは状況が違います。

ちゃんと公安委員会に届出をだしている探偵事務所だから認められている業務なので、誰でも浮気調査ができるとは思わないようにしましょう

そもそも浮気調査では必須の特定人物への「張り込み」や「尾行」などは探偵業法によって規制されているので、一般人がこういったことを行うのは違法です。

探偵に浮気調査を依頼するのは、調査に関連した行為の多くが探偵業法によって認められているからです。

離婚訴訟になった場合に、浮気の証拠を提示する際に、しっかりと届出をしている探偵事務所が得た、探偵業法に基づく調査による証拠ならしっかりと採用されるので訴訟で有利になります。

離婚訴訟で相手に隙を見せないためにも、しっかりと調査が認められている探偵事務所に依頼して浮気の証拠を見つけてもらいましょう。

当サイトでは浮気調査に慣れている探偵事務所をいくつかピックアップしているので参考にしてください。

-浮気・不倫調査

Copyright© 浮気・不倫の不安や悩みを解決するブログ 【探偵に無料相談】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.