浮気・不倫の証拠

浮気調査のためのGPSの選び方と購入やレンタル方法

投稿日:2017年9月18日 更新日:

GPSを利用した浮気調査は、家族であれば違法行為にはなりません。

そのため、自分で配偶者の浮気調査を行う人は、GPSを利用している人も少なくないようです。

GPSについては浮気調査目的以外にも「浮気防止」のためのアプリとして利用されていたりして、調査だけでなく防止にも役立つ非常に便利なツールになっています。

そのため浮気調査のためにGPSを購入したりレンタルしようとしている人は多いです。

そんな便利なGPSなので自分で夫や妻の浮気調査を行う場合に、GPSを活用したいという人も多いと思いますが、GPSにも色々な種類があります。

GPSは2種類のタイプがある

GPSは2種類のタイプがある

GPSの端末はたくさんありますが大きくわけるなら2種類のタイプに分けることができます。

ひとつはリアルタイムで位置情報が分かるもの、もうひとつは位置情報を記録してくれるものです。

ロガー型GPS

ロガー型GPSはGPS本体に位置情報を記録していって、後で本体を回収して位置データを確認していくというタイプのGPSになります。

ロガー型GPSはリアルタイムでは位置情報を確認することができないだけでなく、情報が地図上でのものになるので、あまり詳しい情報が分らないという問題点があります。

ただ浮気をしているのか確認するためだったり、夫や妻がどのような行動をしているのかという足取りを追うためなら利用価値があります。

性能的にはリアルタイムGPSに劣りますが、料金が安く手軽に入手することができます。

リアルタイム型GPSとは

リアルタイム型GPSはリアルアイムで位置情報を教えてくれるGPSで、GPS自体が電波を発信しているという特徴があるので、現在位置をスマホやパソコンなどで簡単に確認することができます。

リアルタイム型GPSではセキュリティ大手のセコムが販売している「ココセコム」が有名で、キッズ携帯や、ソフトバンクの見守り携帯など色々な端末に搭載されています。

またスマホもアプリを入れることでGPSでリアルタイムに居る場所を分るように設定することが可能でです。

詳しい情報が分るためGPSを利用した浮気調査を行う場合にはリアルタイム型GPSを利用するのが一般的です。

リアルタイムGPSのメリットとデメリット

リアルタイムGPSのメリットとデメリット

浮気調査でしっかりとした裁判で使える証拠を掴みたいという人は、リアルタイム型GPSを利用する場合が多いと思います。

そんな浮気調査でよく利用されているリアルタイム型GPSを利用する前に、しっかりとメリットやデメリットについて把握しておきましょう。

リアルタイム型GPSによる浮気調査のメリット

リアルタイム型GPSを利用する場合の一番のメリットは、やはり追跡調査しなくても現在位置がスマホやパソコンなどを使って、遠隔地からでも把握できるということではないでしょうか。

浮気調査を自分で行って、慰謝料請求など離婚調停で使える証拠を得るためには、浮気の決定的な写真を撮影する必要があり、そのためにはリアルタイムの情報は不可欠です。

浮気調査で浮気の決定的な証拠を掴むためには、どうしてもリアルタイムでの行動情報が必要になってくるので、自分で浮気調査を行う場合には必須だと思います。

リアルタイム型GPSによる浮気調査のデメリット

リアルアイムで位置情報を教えてくれるGPSを利用する場合には、スマホのGPS機能をオンにする必要があったりして、機器によっては気づかれやすくなる可能性があります。

夫や妻のスマホのGPS機能を利用する場合だと、スマホにロックがかかっていると仕込むことが難しいです。

特に浮気をしているような人の場合には、スマホをロックしているのは当たり前なので結構仕込むチャンスはシビアです。

そのため専用のリアルタイムGPSを利用する場合には機器を業者からレンタルするのが一般的です。

ただレンタルGPSは費用が高額でコスパがあまり良くないので、利用する場合には注意が必要です。さらに契約も必要なので結構面倒です。

またリアルタイムなので常に見張らなければならないというストレスがあり、時間が取れる専業主婦でないと利用しにくいというのもデメリットです。

ロガー型GPSのメリットとデメリット

ロガー型GPSのメリットとデメリット

ロガー型GPSは浮気調査ではあまり利用されてないGPSですが、中には浮気調査でロガー型GPSを利用している人もいます。

ロガー型GPSを浮気調査に利用する場合のメリットやデメリットはどのようになっているのでしょうか?

ロガー型GPSによる浮気調査のメリット

ロガー型のGPSの一番のメリットは機器の料金が安いということだと思います。

安いものだと数千円のものからあるので簡単に手に入れることができるという特徴があります。

またリアルタイムGPSのように機器から電波が出るわけではなく通信の必要がなく、契約も不要なので非常に手軽に使うことができます。

調査後はデータを空いている時間にチェックすればいいので、普段仕事をしている人には利用しやすいと思います。

さらにロガー型GPSの場合にはバレたとしても利用者の情報が登録されているわけではないので、誰の物か特定できないというメリットがあります。

夫や妻の素行調査や行動を調査するくらいならロガー型GPSで十分だと思います。

ロガー型GPSによる浮気調査のデメリット

ロガー型のGPSの一番のデメリットはリアルタイムで情報を得ることができないということです。

離婚調停でも使える浮気の証拠を掴むためには、ラブホテルの出入りの写真等など条件が厳しい写真を撮影する必要があります。

そのため決定的な浮気の証拠を得るためには、リアルタイムで夫や妻の行動を把握しておく必要があります。

しかしロガー型のGPSは後でデータを回収するというタイプの商品なので、浮気の決定的な証拠を撮影するための機器としては役不足です。

離婚前提で浮気の証拠を掴みたい人にはオススメしないですが、浮気をしているのか調べるだけならロガー型GPSでも十分だと思います。

GPSは購入とレンタルどっちがいい?

GPSは購入とレンタルどっちがいい

浮気調査を自分で行う場合に、GPSを購入した方がいいのかレンタルの方がいいのか悩む人は多いです。

そもそもGPSって別に浮気調査目的の商品というわけではないので、浮気調査以外の利用用途に適している商品などもあり、なかなか見分けるのって難しいんですよね。

私ならリアルタイムGPSならレンタルロガー型GPSなら購入という感じでしょうかね。

リアルタイムGPSは高額なのでレンタルがいい

浮気調査に使えるような機能が備わったリアルタイムGPSを購入すると10万円を超える場合が多いので、非常にコスパが良くないです。

また、浮気調査に使うリアルタイムGPSって使うとしても数ヶ月くらいですよね?

そのような限られた期間でしか利用しないのに、高額な料金を払って購入するのはもったいないです。

また購入した場合には後で、利用しづらいと分かった場合はどうしようもないです。

そのためリアルタイムGPSを利用する場合にはレンタルしたほうが現実的です。

ロガー型GPSは購入がいい

ロガー型GPSは数千円から購入することができるので、レンタルよりは普通に購入してしまった方がいいです。

またロガー型GPSの場合にはレンタルするにしても、GPSレンタルショップでは取り扱ってないところもあるので、レンタルを前提としているリアルタイムGPSとは違います。

とは言ってもロガー型GPSは海外製品が多いので、設定や利用方法について不安がある場合には、レンタルを利用するのも一つの方法です。

またロガー型GPSはバッテリー容量が少ないものが多いので、浮気調査で利用する場合にはできるだけバッテリー容量が多い商品を購入しましょう。

GPSでの浮気調査成功は自分次第

GPSが優れていても最終的に調査するのは自分

GPSを利用した浮気調査では、GPSの選び方は大事ですが、最終的に浮気の証拠をつかめるかどうかは調査するあなた次第です。

つまりGPSで夫や妻の浮気現場を見つけたとしても、しっかりとした証拠写真が撮れなければ意味がないです。

また浮気調査が相手にバレてしまったら、夫婦関係が悪化するのはもちろんですが、相手も警戒してしまって調査は難しくなります。

浮気調査ではGPSだけでは決定的な浮気の証拠を掴むことはできないです。

しっかりとした撮影技術相手にバレない尾行など必要なことは色々あります。

そのため多くの人は浮気調査に探偵を雇っているのです。

時間があって自分で浮気調査をする自信があるならいいですが、相手が勘の鋭い人だったり、自分には調査が向いてないと感じたら探偵などの専門家に依頼した方が無難です。

当サイトでは調査力があり、料金が比較的安い探偵事務所をいくつか載せているので参考にしてください。

-浮気・不倫の証拠

Copyright© 浮気・不倫の不安や悩みを解決するブログ 【探偵に無料相談】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.